世界UFOの日

世界UFOの日「世界UFOの日」は未確認飛行物体(UFO)の存在について思いを向ける日です。記念すべき最初の「世界UFOの日」は 2001年に制定されました。なぜこの日が作られたのでしょう?それは、もはや疑いようもないUFOの実在、及びそれを操る地球外の知的存在への認識を高 めることが主な目的であります。また、歴史を通して収集されてきた目撃情報の開示を各国政府に促すためでもあります。「世界UFOの日」には、これらの存 在を信じる個人個人が独自の集いを組織することが奨励されます。この日は、人々が一緒になって大空を眺めることで知られ、その他のUFOをテーマとし活動 を行います。過去には、「世界UFOの日」と呼ばれた日が2日設けられたことがあります。それは6月24日と7月2日でした。WUFODO(World UFO Day Organization – 世界UFOの日機構-)は7月2日を正式な「世界UFOの日」と宣言しました。これは諸所の混乱を無くすために実行されたものです。それにより、2日間に 分散され小さな集まりだったものが、今日では、この日を記念するために大人数が集うようになりました。